ドクターコーヒーの全成分!効果・効能、副作用について調べてみた!

Dr.Coffee(ドクターコーヒー)の成分

 

成分名 効果・効能 安全性
コーヒーパウダー コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状にしたものです。 ★★★★★
ポリデキストロール(水溶性食物繊維) 糖分の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑制します。また、胆汁酸を排泄させる効果や腸内の善玉菌を増やす効果もあります。 ★★★★★
有胞子性乳酸菌末 胃酸に強く生きたまま腸に到達し、腸内環境を整えてくれます。 ★★★★★
ケラチン加水分解物 体に吸収しやすい加工をしたケラチンで皮膚の表皮や爪、髪などのタンパク質として使われる成分です。。 ★★★★★
酵母 糖の吸収を抑えます。腸内の消化をサポートし、便秘改善効果があります。免疫力を高める効果もあります。 ★★★★★
穀物醗酵抽出物(小麦を含む) 穀物を醗酵させたもので、味に深みを与えたり、食感が良くなる効果の他、体内の酵素の働きを調整してくれる働きがある成分です。 ★★★★★
植物発酵抽出(大豆、ごま、オレンジ、りんご、バナナ、キウイフルーツ、カシューナッツ、アーモンド、やまいもを含む) 野菜や果実などを醗酵させたもので、味に深みを与え、食感が良くなる効果があります。また、体内の酵素の働きを調整し、健康維持をサポートしてくれます。 ★★★★★
L-カルニチン酒石酸塩 吸湿性の高さを改善したL-カルニチンです。運動することで体脂肪の減少に効果が期待される成分です。 ★★★★★
乳酸菌生産物質末 腸内細菌のバランスをとって免疫機能を向上させる働きがあります。 ★★★★★
粉末油脂(中鎖脂肪酸油)/ビタミンB6 分解されやすく、短時間でエネルギーになり、脂肪として蓄積されにくい性質の成分です。 ★★★★★
ビタミンB1 糖質からエネルギーを作り出し、皮膚や粘膜などを維持する働きがある成分です。 ★★★★★
コハク酸 褐色脂肪細胞を活性化し、体重を減少させる働きがあります。 ★★★★★
シクロデキストリン 別名、『環状オリゴ糖』とも呼ばれている食物繊維です。血糖値の上昇を抑えたり、飽和脂肪酸やトランス酸などの悪玉脂肪酸を選択して排出する働きがあります。 ★★★★★
リンゴ酸 爽やかな酸味を与え、体に溜まった乳酸を分解し、疲労回復に効果がある成分です。 ★★★★★
乳化剤 風味の改善やなめらかな食感にする効果がある食品添加物です。 ★★★★★
香辛料抽出物 香辛料の香辛味成分を水やアルコール等で抽出したもので、風味付けするために使われます。く ★★★★★
トレハロース トウモロコシから作られた天然の糖質で、砂糖の40%の甘さの成分です。 ★★★★★

 

ドクターコーヒーの全成分について調べてみました。

 

成分の効果や副作用について調べたところ、副作用が起こるような危険な成分は含まれていませんでした。

 

ドクターコーヒーは安全性の高いダイエットコーヒーです。

 

ただし、アレルギーのある方は、飲む前に成分のチェックをお願いいたします。

 

万が一、体に異常が現れた場合は、使用を中止し、医師に相談することをおすすめいたします。

 

安全性について:当サイトでの基準により記載させていただいております。

TOPへ